富裕層向け:田舎特化型の4つのウォーキングツアーを造成

第1弾は「阿蘇」「萩・津和野」「熊野古道伊勢路」「津軽・下北」の4ツアー

「世界視点で地域の価値を変える」ことをミッションとして掲げるリベルタ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:澤野 啓次郎)が展開するインバウンド観光事業「Heartland JAPAN(ハートランド・ジャパン)」(http://heartlandjapan.com)は、この度、4つの地域特化型ウォーキングツアーを造成したことをお知らせします。

 

世界展開するHeartland JAPANブランド

 

●田舎特化型ウォーキングツアーは、海外チャネルを通じて営業

今後、海外の顧客を、提携先の海外の旅行エージェントやアウトドア関連団体、自社サイト等を経由して獲得してまいります。

なお、旅行商品の販売・催行に際しては、パートナー企業である国内最大規模の訪日外国人向け観光情報サイト「Japan Travel(ジャパン・トラベル)」(www.japantravel.com)を運営するジャパン・トラベル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:テリー・ロイド、東京都知事登録 旅行業第2-703号)との協業によって実現します。

初回のツアー催行は8月(5泊6日〜6泊7日)、販売価格は30〜35万円/人を予定しております。

 

Heartland JAPANのツアーに組み込まれている手野集落(阿蘇)の情景

 

 

●顧客ターゲットは西洋の富裕層。地域には外貨獲得の好機

ターゲット顧客は欧米豪(西洋)の富裕層。さらに下記のような特定層を想定しています。

 

– 医師、弁護士、大学教授、会社経営者などのハイステイタス層

– お金と時間に余裕があるシニア層

– 知的好奇心が旺盛なインテリ層

– 日頃からウォーキングやハイキングをたしなむアウトドア愛好家層

– 物質的なものよりも精神的な満足感を求める層

 

Heartland JAPANは、旅慣れた西洋人を対象に、ウォーキングという体験を通じて、お膳立てしない本物の日本、歴史、伝統、文化、食、そして日本人の暮らしぶりなどをわかりやすいストーリーとして伝えていくことに重きを置き、地域に根ざす人たちとの触れ合いも付加価値として提供していきます。

アジア圏からの顧客に比べ、欧米豪など西洋からの観光客は遠い距離を移動して来日する分、滞在日数が多く、旅行消費額も多くなる傾向があります。またウォーキングツアーという狭域エリアをゆったりと周遊する手法を用いることで、これまで通過点にしかならなかったような地域(集落)が目的地となり、外貨を獲得する機会が増えることが見込まれます。

日本へのインバウンド観光客のほとんどは、東京、富士山、京都、大阪というゴールデンルートを周遊するのみにとどまっています。日本のインバウンド観光客が増えている一方で、地方がその恩恵を十分に受けるにまでは至っていないのが実情です。

日本臭さ(古き良き日本らしさ)が色濃く残っていることを地方の強みと捉え、その強み(個性)を磨いて、西洋人にも解りやすいストーリーに加工して伝えていくことで、顧客満足度を高めることが、このHeartland JAPANの旅行サービスの特徴となっています。

Heartland JAPANは地域に伝わる伝統芸能にも着目(写真は阿蘇の横堀神楽)

 

●日本の地域は宝の山

Heartland JAPANは、日本の地方に存在する個性あふれる集落を海外向けにパッケージングし、ブランド化して世界に伝えていきます。

景観や施設だけが観光資源ではなく、地域には、我々日本人にとってはあまりにも日常化しすぎていて、普通にしか感じる事ができない潜在的な魅力が数多く埋もれています。よそ者にしてみればそれは財産に映ることがしばしばあります。

たとえば、郷土に言い伝えられる言い伝えや郷土史、伝統芸能、伝統工芸、暮らしの知恵……また、地域に息づく人々の暮らしぶりやその心の中に存在する価値観や郷土愛こそが個性であり、その地域の魅力と捉えています。肝心なのはそれをどうターゲットに伝えていくのか。

我々日本人自身が、それに気づき、忘れがちだったふるさとの魅力を見つめ直し、新しい価値観、新しい目線で工夫して発信していけば、新しい地域のあり方が見えてくると、Heartland JAPANは考えています。

こうした地域に特化したインバウンド観光開発の活動により、誰もが自分の地元に誇りを持てる社会を創ることを目指してまいります。

日本には手つかずの美しい集落が数多く残っている。写真は萩市の江崎漁港

 

漁船で遊覧するという自然体験も売り。写真は萩市の須佐ホルンフェルスの大断層

 

●リベルタ株式会社 代表プロファイル

澤野 啓次郎

リベルタ株式会社 代表取締役 CEO & Founder/ハートランド・ジャパン 代表

山口県萩市出身。大学卒業後、音楽出版社シンコーミュージック、ウォーカープラス(現KADOKAWA)を経て、2005年Yahoo! JAPAN入社。デジタルマーケティング、決済ソリューション、WEBプロデュース職、東南アジア事業に従事。

2014年リベルタ株式会社を設立。デジタルコンテンツ事業、スタートアップ支援事業を手がけ、2017年から田舎特化型インバウンド観光事業「Heartland JAPAN(ハートランド・ジャパン)」をスタート。「日本の地域を世界ブランドに」を旗印に、日本の手つかずの集落をイタリアのチンクエテッレのようにパッケージングし、ブランディングし、世界に発信。僻地を含む日本の隅々まで訪日観光客を送り込むことに注力している。

 

●リベルタ株式会社 会社概要

事業内容:

●インバウンド事業:訪日客向けツアー企画による地域活性

●デジタルコンテンツ事業:デジタルコンテツ制作、編集プロダクション、システム開発、メディアグロースハック

 

リベルタ株式会社公式サイト:http://liberta-inc.com/

リベルタ株式会社Facebook:https://www.facebook.com/Liberta.Inc/

 

ハートランド・ジャパン公式サイト:http://heartlandjapan.com/

ハートランド・ジャパンコーポレートサイト:http://heartlandjapan.jp/

ハートランド・ジャパンFacebook:https://www.facebook.com/HeartlandJAPAN/

ハートランド・ジャパンInstagram:https://www.instagram.com/heartlandjapan/

ハートランド・ジャパンVimeo:https://vimeo.com/heartlandjapan

ハートランド・ジャパンTwitter:https://twitter.com/Heartland_JAPAN

 


【本件に関するお問い合わせ】

リベルタ株式会社:澤野 啓次郎(さわの けいじろう)

メールアドレス:info@liberta-inc.com

 

 

 

 

 

 

【Ehime Kurushima-kaikyo-ohashi Bridges, from Mt. Kiro】【Gunma Carp Streamers, Akaya Lake】【Yamaguchi Farmer in Higashi-ushirobata Rice Terrace】
【Hiroshima Streetscape of Yutakamachi-Mitarai】【Niigata Wakabayashi-tei House】©経済産業省、【表示4.0 国際】ライセンス https://creativecommons.org/licenses/by/4.0/